TEXT

ポスト・トゥルース時代の芸術作品

『季刊じゃぽにか』(創刊号)に寄稿した「ポスト・トゥルース時代の芸術作品」を無料公開します。

The Work of Art in the Age of Post-truth

Translated text of “ポスト・トゥルース時代の芸術作品”

空腹と栄養失調のあいだ

『瑠璃の島』『八日目の蝉』から、わたしの個人的な政治観について書きました。

アートと靴下

アートの日常/非日常について、「靴を脱ぐ」という行為から考えてみました。靴下の日常とは?

荒川修作 ICCインタヴュー

ICCの映像アーカイブHIVEで公開されている荒川修作のインタビューを文字起こししました。

自然、風景、戦争

「戦争画とは、戦争状態を描いた風景画である。」という定義を提案しました。

サイバースペースで彫刻は可能か?

相対性理論に依拠して、彫刻を重力による回遊性から定義し、彫刻論における現代的な問いを提起しています。

トトロ

ぼくが最初に映画を見た記憶は『となりのトトロ』なんです。これはもう間違いないと、確信しているんですが、それには理由があるんです。そのときの情景を鮮明に覚えているからなんです。

阿児つばさからの返信

3331 Art Fair 2016でわたしが「シルバー・プライズ」を差し上げた阿児つばささんが返答テキストを書いてくれました。

3331 Art Fair はなぷさ大賞

3331 Art Fair 2016にプライズ・セレクターとして参加しました。はなぷさ大賞にミルク倉庫+ココナッツ、シルバー・プライズに阿児つばさを選出しました。