TEXT

宇宙のサーフェイス──ジェームズ・タレルについて

ジェームズ・タレル《Blue Planet Sky》2004(金沢21世紀美術)についてのエッセイです。/Essay for James Turrell《Blue Planet Sky》 at 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa.

ディメンションの制作──目 [mé]について

目 [mé]『非常にはっきりと分からない』@千葉市美術館について。目 [mé]は「ディメンションの制作」を実践するアートグループだ。

須賀悠介”Modification of Destiny”に寄せて

須賀悠介個展”Modification of Destiny”に寄せたテキストです。
This is a review text for Yusuke SUGA’s solo exhibition “Modification of Destiny”.

ポスト・トゥルース時代の芸術作品

『季刊じゃぽにか』(創刊号)に寄稿した「ポスト・トゥルース時代の芸術作品」を無料公開します。

The Work of Art in the Age of Post-truth

Translated text of “ポスト・トゥルース時代の芸術作品”

ポスト美術団体の世代

ポスト美術団体の世代

空腹と栄養失調のあいだ

『瑠璃の島』『八日目の蝉』から、わたしの個人的な政治観について書きました。

アートと靴下

アートの日常/非日常について、「靴を脱ぐ」という行為から考えてみました。靴下の日常とは?

荒川修作 ICCインタヴュー

ICCの映像アーカイブHIVEで公開されている荒川修作のインタビューを文字起こししました。

自然、風景、戦争

「戦争画とは、戦争状態を描いた風景画である。」という定義を提案しました。