3331 Art Fair 2016にプライズ・セレクターとして参加しました。[★1]■詳細
・会期:2016 年5月11日(水)~5月15日(日)
・開場時間:12:00-20:00(最終日のみ11:00-19:00まで) ※ 最終入場は閉場30分前
・オープニングイベント
(ご招待者のみ)5月10日(火)15:00-19:00 特別内覧会(ファーストチョイス)
19:30-21:00 レセプションパーティー
・入場料
一日券一般1,000円
シニア・学生800円
高校生以下、障がい者 無料
ペアチケット1,600円
※いずれも当日に限り再入場可。
※入場済チケット提示で、以後1日700円で再入場可能
おしらせページ
公式ウェブサイト
はなぷさ大賞にミルク倉庫+ココナッツ、シルバー・プライズに阿児つばさを選出しました。それぞれプライズ・テキストを書きましたのでここで公開します。3331 Art Fairのウェブサイトにも掲載される予定ですが、しばらく時間がかかるようなので、無許可ですがここで公開してしまいます。展示が見られる間に公開したかったので。ごめんなさい!

また5月14日に関連イベント第61回1SS「コレクターズラウンドテーブル:アートフェア東京&3331ART FAIR」でゲストスピーカーとして話します。こちらもよろしくお願い致します![★3]■第61回1SS「コレクターズラウンドテーブル:アートフェア東京&3331ART FAIR」
・日時:5月14日(土)20時~23時(トークは21時から約1時間)
・会場:SUNDAY
・住所:東京都世田谷区池尻2-7-12-B1F
・入場無料(キャッシュオンにて1ドリンクor1オーダー)
・予約不要
・ゲストスピーカー:大坂恵一氏・島林秀行氏・長谷川一英氏・花房太一氏(3331 ART FAIRのプライズセレクターのコレクターの皆さま)
・進行:芦川朋子(waitingroom)
おしらせページ

※このプライズ・テキストに対して、作家の阿児つばささんが返信を書いてくれました。こちらもぜひご覧ください。
阿児つばさからの返信

.

はなぷさ大賞: ミルク倉庫+ココナッツ

岡山は田舎だから、デートスポットなんてほとんどない。そもそも高校生はお金がないから、仕方なく旭川の河川敷で空を眺める。猫のような形の雲。どこが猫に見えるのか。彼女に説明しようとしても伝わらない。ぼくにとっての旭川はそのもどかしさと共にある。

今年の3331Art Fairは去年に比べるとずっとフェアらしくなっていた。去年は参加作家が元気すぎてぼくも一緒に遊んでしまったのだが、今年は売るための作品が出品されていて、清々しかった。
その中心に、テントがある。雑然と並べられたように見えるガラクタ。しかし、よく見れば、マフラーを内蔵の形に溶接した金属作品や、2枚の紙幣を編みこんだ作品、どこともつかない建物の設計図からビビッドな色の液体が入ったフラスコなど、巧妙に仕組まれたインスタレーションであることが分かる。そして、それらすべてが彼らのこれまでの作品と深く繋がっていることが了解される。

コンセプトOK。コレクター目線の第一段階クリア。

しかし、売り物としてはめちゃくちゃだ。そもそも売る気がないのではないかとすら思えるのだが、半分本気(マジ)、半分ネタの軽快な真剣さは、やはりアートと呼ぶしかないものだ。アトリエの前にあったコンクリート製の柱10センチ10万円、インスタレーション全部で350万円。このあたりはぼくも半分本気(マジ)、半分ネタでしか確認していないので曖昧だが、とにかくコレクションとしては危険すぎる。

黄色信号。コレクター目線の第二段階は怪しい。

テントの下に組まれたインスタレーションをくるくると回っていると、人だかりができている。109の雑貨屋にある安いピアス売り場に群がる女子高生のごとく、コレクターたち?がわいわいと楽しそうに何かを手に取り合う。手にあるのはただの釘だ。プラスティックの袋に入れられた釘には”LIKENESS BY NAILS 釘による肖像”というタイトルとともに、アートに関係する著名人の名前が書かれてある。たしかにジャコメッティっぽい!オレはカフカを買う!釘を見て各々の知性を見せびらかすコレクターたち。当然、ぼくもその中の一人だ。それどころか、すべての釘の画像がプリントされたポスターのedition1が残っていることを知ってすぐに買ってしまった。

コレクター目線第三段階。値段OK。
コレクター目線第四段階。人気OK。
コレクター目線第五段階。希少さOK。

IMG_2984
現存アーティストの作家の作品を購入するときに、コレクター目線から何よりも重要なことは作家が制作を続けることだ。この点、ミルク倉庫+松本直樹には不安がない。[★2]参加アーティストとしてはミルク倉庫+ココナッツ名義、”LIKENESS BY NAILS 釘による肖像”の作者はミルク倉庫+松本直樹名義。そして、これまでの彼らの活動を象徴するような作品。これ一つで彼らを語るきっかけになる。要するにとても「らしい」作品だ。

コレクター目線第六段階。資産価値OK。

もちろんその作品が欲しいかどうかが一番大切なのだが、コレクターは様々な要素を勘案して決断しなければならない。ここで書いたものはその一部である。どの要素によって購入に至るかは、場合によるとしか言いようがない。しかし、できるだけ多くの「コレクター目線」を獲得することが、コレクターとして成長することだと思う。

小津安二郎っぽいね、デュシャンのイメージにぴったりだね。コレクターの稚拙な知性の見せ合いにもどかしさはない。そんな状況自体にもどかしさを覚えることをなんと呼べばよいだろう。明らかなことは、それが郷愁からもっとも遠くにあるということだけだ。

PS.
トークイベントや展示イベントを主催しているCAMPの井上氏が”LIKENESS BY NAILS 釘の肖像”のソクラテスを購入していた。それを知ったぼくはプラトンを購入した。

.

シルバー・プライズ: 阿児つばさ

レセプション・パーティーはなかなかの盛り上がりを見せていた。かれこれ6〜7年アート界隈をうろちょろしているので、知り合いも多い。挨拶だけで済ます人から、近況を長々と話してくる人、大きな声では言えないけれどと大きな声で話す人、レセプションの喧騒はアホらしいのだが、楽しいこともたくさんある。
目の端にチラチラと通る、ミッキーマウスが描かれたヨレヨレのスウェットとマイケル・ムーアのようなキャップを被った金髪の少女。明らかにアーティストだ。それもこうした場に慣れていないらしい。後から知ったのだが、彼女は神戸出身、京都在住の作家だった。
今回のフェアでは売れやすい平面作品や立体作品が多い中で、一人パフォーマンス?をしている作家がいた。「花路里」と書かれた看板を掲げて占い師のようにお客さんに写真を見せながら何かを話している。近くで聞いていても何を話しているのか全く理解できない。どんどん近づいてみた。明らかに興味津々な様子で近づいたので、一緒に聞いて下さい、とでも声をかけられるかと思ったが、無視され続けたので、諦めてめちゃくちゃ汚い字の鉛筆書きキャプションを読んだ。それでも、どういうことか全然分からなかった。
karori
レセプションが終わり、ふらふらと会場を歩いていたら、彼女が片付けをしていた。話しかけてみた。作品について説明してくれた。やっぱり分からなかった。
あまり「分からない」と連呼しても失礼なので、彼女の作品を一言で説明すると、彼女の祖母がイケていると思っている店名「花路里」をめぐる物語のようなものである。これだけ書いても全く理解されないと思うのだが、とにかく彼女の話はめちゃくちゃ面白いので聞いて欲しい。会期中毎日17時〜18時ごろに作家から直接話が聞けるらしい。ちなみに事件らしきものは何も起こらないことには留意して欲しい。
彼女は才能がある。小さな出来事から物語を引きずり出す暴力性を持っている。作品の完成度は極めて低いが、その幼稚さも、作家としての持ち味にできる可能性がある。
しかし、コレクターとして手を出すにはあまりにも危険すぎる。実際、彼女のような才能がある作家には数多く出会ってきた。しかし、ほとんどの作家が制作をやめてしまった。特に彼女は京都在住だ。京都はのんびりしているからだと思うのだが、彼女のような作家は制作を続けても伸び悩むことが多い。作品を様々な方向へと展開できず、コンセプトが尻すぼみしてしまうのだ。よって、コレクターとしてはまだ手をつけられない。
それでも、今後の活動を追っていきたい作家であることに違いはない。彼女を推薦した遠藤水城氏の慧眼とぶっこみ具合に敬意を表したい。今回のフェアで初めて会った作家の中で要注目リストに入った唯一の作家である。よって、彼女にシルバープライズを差し上げる。

References   [ + ]

1. ■詳細
・会期:2016 年5月11日(水)~5月15日(日)
・開場時間:12:00-20:00(最終日のみ11:00-19:00まで) ※ 最終入場は閉場30分前
・オープニングイベント
(ご招待者のみ)5月10日(火)15:00-19:00 特別内覧会(ファーストチョイス)
19:30-21:00 レセプションパーティー
・入場料
一日券一般1,000円
シニア・学生800円
高校生以下、障がい者 無料
ペアチケット1,600円
※いずれも当日に限り再入場可。
※入場済チケット提示で、以後1日700円で再入場可能
おしらせページ
公式ウェブサイト
2. 参加アーティストとしてはミルク倉庫+ココナッツ名義、”LIKENESS BY NAILS 釘による肖像”の作者はミルク倉庫+松本直樹名義。
3. ■第61回1SS「コレクターズラウンドテーブル:アートフェア東京&3331ART FAIR」
・日時:5月14日(土)20時~23時(トークは21時から約1時間)
・会場:SUNDAY
・住所:東京都世田谷区池尻2-7-12-B1F
・入場無料(キャッシュオンにて1ドリンクor1オーダー)
・予約不要
・ゲストスピーカー:大坂恵一氏・島林秀行氏・長谷川一英氏・花房太一氏(3331 ART FAIRのプライズセレクターのコレクターの皆さま)
・進行:芦川朋子(waitingroom)
おしらせページ