CRITIC

ポスト・トゥルース時代の芸術作品

『季刊じゃぽにか』(創刊号)に寄稿した「ポスト・トゥルース時代の芸術作品」を無料公開します。

The Work of Art in the Age of Post-truth

Translated text of “ポスト・トゥルース時代の芸術作品”

自然、風景、戦争

「戦争画とは、戦争状態を描いた風景画である。」という定義を提案しました。

サイバースペースで彫刻は可能か?

相対性理論に依拠して、彫刻を重力による回遊性から定義し、彫刻論における現代的な問いを提起しています。

「自由の国-現代版」

自由の国-現代版 “Country of freedom-modern version“(2015, VOILLD, 東京)に寄せたテキストを転載します。

新宅睦仁個展『カップヌードルの滝』について

以下のテキストは新宅睦仁個展『カップヌードルの滝』(HAGISO,2015/9/8-9/27)での対談「食とアートのくされ縁」のために書かれたものです。

3日間だけの天使

「奥村直樹ノ友達展」(DESK/okumura)に出品された作品「おぎはらせいこまんじゅう」(谷川果菜絵)についての論考です。

「いい絵」試論–or “Accessory Painting”-

脳科学の知見を用いて、「いい絵」を「アクセサリー絵画 Accessory Painting」と定義し、「接触の美学」という新概念を提案しています。